妊娠線 原因 目立たなくする方法

妊娠線ができる原因と目立たなくする方法を紹介

 

妊娠中に妊娠線ができてしまった。
お腹に肉割れの線が入ってしまった。
太ももになんで妊娠線ができるの?

 

妊娠中にできる妊娠線や太ったのが原因でできる肉割れなど呼び方はたくさんありますが、原因も目立たなくする方法には変わりありません。
ただ、少しだけ異なってくる部分がでてくるだけとなっています。

 

このサイトでは太もも、お腹、おっぱいなど部位別に妊娠線ができる原因から目立たなくする方法について解説しています。
どうにかして治したいって人はご覧ください。

 

妊娠線・肉割れができる根本的原因は同じ

 

部位別に多少の違いはあれど、妊娠線や肉割れができる原因に違いはありません。
皮膚が伸縮についていけないために切れてしまうことです。

 

一般的に妊娠線と呼ばれるものであれば妊娠をすることによってお腹が膨らんできます。また、からだをあまり動かさないにも関わらず、お腹の胎児の分までエネルギーを必要とするため、食欲旺盛になります。

 

そのため、お腹が大きくなってしまったことや、太ももなどからだの部位に脂肪がつくことで皮膚が切れてしまっているのです。
ゆっくり大きくなれば皮膚も弾力があれば切れないのですが、急激にサイズが一回り大きくなりがちなので切れてしまう可能性が非常に高いのです。

 

また、肉割れも呼び方は異なれどまったく同じ症状となるので原因は同じく皮膚が伸縮にたえられずに切れてしまうことです。
ただ、胎児が関係をしていないため妊娠線とは呼び方が異なっているだけでしかありません。

 

太ももに妊娠線ができる原因

 

太ももに妊娠線ができる原因としては太ったことがあげられます。
また、筋肉が短期間で付いてしまったり、逆に筋肉が少なかったために部分的に脂肪が増加する部分太りが原因となっています。

 

脂肪が増加した分ふとももの面積は大きくなりますが、脂肪を覆っている皮膚はすぐに大きくなることはありません。
そのため、ひっぱられてしまいきれてしまうこととなります。

 

太ももに妊娠線ができる原因と目立たなくする方法へ

 

お腹に妊娠線ができる原因

 

お腹に妊娠線ができる原因は胎児が成長する分、お腹が膨らむためです。
脂肪などの増加がなくとも子供が大きくなる分、お腹も前にでてくるようになります。しかし、皮膚は急激に成長をするようなことはありません。

 

そのため、皮膚が左右にひっぱられてしまい断裂をおこしてしまうことになります。
その断裂を起こした切れ目が妊娠線としてお腹にあらわれるようになります。

 

お腹に妊娠線ができる原因と目立たなくする方法へ

 

胸やおっぱいに妊娠線ができる原因

 

妊娠線は脂肪が付くことによって、皮膚が大きくなるサイズよりも早く膨らんでしまうことで、張り裂けてしまうことによってできます。

 

からだの中でも脂肪が付き易いのがお尻やおっぱいのある胸です。
そのため、赤い線や青い線である妊娠線が胸やおっぱいの付近にできてしまうことも多いのですね。

 

胸やおっぱいの妊娠線の原因から治し方のまとめ

 

妊娠線を予防するには肌の弾力を上げる

 

妊娠線や肉割れを予防したいのであれば肌の弾力を上げることが重要となります。

 

脂肪の増加や胎児の成長を止めることはできません。
太りたくて太るなんて人はそうそういませんからね。

 

そのため、太ったりしたとしても皮膚が断裂をしないようにすることが重要となります。

 

保湿を行なうことで肌の弾力を上げることができます。
そのため、保湿クリームを使ってケアをすることで弾力を上げれば予防をすることができるのですね。

 

ただ、あくまで保湿をすることで弾力を上げたとしても完全に防ぐことができる訳ではありません。
急激に成長すれば弾力が上がったとしても肌は切れてしまいますからね。

 

妊娠線の予防方法へ

 

妊娠線を目立たなくする方法

 

冒頭でも話したように一度切れた皮膚は元通りに治ることはありません。
表皮の奥にある真皮と呼ばれるターンオーバーも再生もすることのない皮膚が切れてしまうからです。

 

しかし、妊娠線や肉割れができてしまった後にクリームを使ってケアをする人は多いです。
元通りにならないのなら意味がないのではと思う人もいますが、実はそんなことはありません。

 

治すことはできなくても目立たなくすることは可能となっているのですね。

 

実際に出産をして妊娠線ができたとしても自然と薄くなると答える人は多いです。
もちろん、10年、20年の月日とはてしない時間はかかりますが・・・。

 

肌が切れたのを再生をすることはできなくとも、整えることによって見えづらくすることができるのですね。
皮膚が切れても表皮はだんだんと細胞分裂をしてつながるようになりますが、切れてガタガタとなった真皮に関してもひっつくことはなくとも整えることはできます。

 

そのため、クリームを使って妊娠線を目立たなくする人は非常に多いのですね。
人気のクリームについては実際に使い比べてランキングで紹介しているサイトがあったので、そちらを参考にすると良いと思います。

 

肉割れクリームランキング【実際に使い比べ】